【公式】いなばペットクリニック|つくば市
飼い主の方からのお声を大切に診療していきたいと考えています。1週間後、1か月後、半年後・・・に元気な姿になり長寿をまっとうできるような治療を目指していきたいと思っています。

つくば市 いなばペットクリニックのご案内

2101C.jpg

院長:稲葉 豊範 (茨城県獣医師会)

連絡先
TEL:029-847-1019

獣医師会の会議、研修会、急な手術などが入ることがありますので、ご来院の際はお電話をお願いいたします。

往診は可能ですが、検査等が必要な事が多いため、なるべくご来院をお願いしています。

時間外診療は可能な場合のみとなります。折り返しの連絡となりますので、必ず留守番電話にお名前、お電話番号を残してください。連絡先がない場合、折り返しの電話ができない事があります。

 

ご来院の際のお願い

駐車場で犬や猫が逃走することがあります。首輪の締め直し、猫はケージや洗濯ネットに入れるなどをしてください。

去勢手術および避妊手術は予約が必要となります。

 

〒300-2655

茨城県つくば市島名890-1

 

 

診療時間・休診日

午前9:30~12:00 午後3:00~7:00 (日曜日は午後6時まで)

休診日 :  木曜日・祝日(日曜日が祝日でも診療いたします。翌振替休日が休診となります)

 
午前
午後

 △…日曜日は午後6時まで

診療時間の変更・臨時休診のお知らせ

8月11日(土)は祝日ですが、診療いたします。午後は6時までとなります。

8月13〜15日は午後6時までの診療となります。

9月9日(日)は学会のため、終日休診いたします。


2101B.jpg

 お知らせ

<助成金ついて>

茨城県に住所がある方で、当院でマクロチップの埋込みを希望される方は、茨城県獣医師会の助成金が受けられます。

助成される金額は登録費用(1000円)および埋込み助成(2000円)です。

頭数に限りがありますので、ご相談ください。

なお、ブリーダーや動物販売業者等は対象外となっています。

 

<狂犬病予防注射について>

つくば市在住で狂犬病予防登録をされている方は、当院にてつくば市の注射済票をお渡しすることができます。

市からの予防注射済票交付申請の葉書を必ずお持ちください。

また、新規登録を希望される方も、当院にて新規登録の鑑札をお渡しすることもできます。

転入された方も前住所の鑑札をお持ち頂けると、無償でつくば市の鑑札と交換が可能です。

後日、当院から市へ提出させて頂きますので、市役所へ行かれる必要はありません。

 

<フィラリア症予防薬について>

投与期間は6〜11月下旬までです。最後の投与は蚊の発生終了の1ヵ月後になります。

蚊に刺されてワンちゃんはフィラリアの幼虫(子虫)に一旦感染します。そして、予防薬の投与により心臓にフィラリアが入り込む前に駆虫します。よって、蚊に刺されてから1ヵ月後の投与になります。 

蚊の発生終了は不明なので、当院の判断として、霜が2回ほど降った時を目安としています。

10月で最終投与したワンちゃんにフィラリア感染がみられることがあります。ご注意ください。

 

<動物由来感染症について>

重症熱性血小板減少症(SFTS)やコリネバクテリウム・ウルセランス感染症などによりヒトの死亡例が報告されています。

マダニや咬傷によりヒトへ感染することがありますので、ご注意ください。厚労省より注意喚起が出ています。

エキノコックスが愛知県内の犬より検出されました。エキノコックスは北海道(特にキタキツネ)でみられる寄生虫です。北海道以外では埼玉県に続き国内2例目の報告となります。イヌ科の動物が終宿主で感染してもほとんどは無症状ですが、ヒトに感染すると肝臓がむしばまわれ、死に至ることもある恐ろしい寄生虫です。茨城県内の報告はありませんが、つくば市内は野生のタヌキが生息していますので、今後飼い犬への感染も考えられます。詳細は当院へご相談ください。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
029-847-1019